がんと向き合い生きていく

がんの転移があるのかないのか… 患者の不安は大きい

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 先日、知人のAさん(55歳・男性)から2回目の電話がありました。Aさんは肺がんと診断され、検査が続いていました。

「検査の結果、骨の転移はありませんでした。診察の時、先生がそれを真っ先に言ってくれました。手術できそうです。本当に良かった」

 骨シンチグラフィー検査で骨に転移がなかったのは実に喜ばしいことでした。それに加え、担当医がそのことを真っ先に伝えたということに私もうれしくなりました。転移があるのか、ないのか。少しでも早く知りたい患者の気持ちを、担当医はよく分かっている。担当医が患者と共にいてくれている――そう思えたからです。

 がんの種類は違っていても、骨に転移がある、なしでは治療方針が大きく変わってきます。肺がんで骨転移があれば、病期(ステージ)は最も進んだⅣ期と診断されます。その場合、原発巣(たとえば肺がんなら肺)を切除する手術ができたとしても、生存期間が長くはならないことは一般的にも知られています。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事