がんと向き合い生きていく

3度のがんと闘いながら亡くなる直前まで前向きに生きた

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 鉄欠乏性貧血と低血圧があって通院中のMさん(48歳・主婦)が、急に痩せられた感じを受けました。こちらが尋ねる前に、診察室に入るとすぐにこんな話を切り出しました。

「夫(55歳・会社員)が急に亡くなって2カ月になります。突然、苦しいと言って倒れ、通院中のJ大学病院に救急車で運ばれました。肝臓がんの一部が破裂し、腹腔に出血してショック状態とのことでした。それから2日後に息を引き取りました。夫は意識がなくなっても、親戚がみんな集まるのを待っていたみたいでした」

 Mさんのご主人は、13年前に胃がんで内視鏡手術、10年前には大腸がんで手術を受けたといいます。いずれも完治したのですが、7年前の人間ドックで今度は肝臓がんが見つかり、再びがんとの闘いが始まったのです。

 皮膚から針を刺してがんを焼き殺すラジオ波熱凝固療法を行ったものの、新たに肝臓の別の場所にがんが出てきて、何度も治療を繰り返しました。肺に転移が来てからは分子標的薬を4年間も飲み続けたといいます。担当の医師は「こんなに長く効いた方は初めてだ」と言っていたそうです。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事