Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

日本は8割手術だが 子宮頸がんは“切らずに治す”が世界標準

(C)metamorworks/PIXTA

「何よりも生きるために。家族と生きるために。息子の成長を見守るために。1カ月半頑張ってみようと思います」

 ブログにそうつづったのは、タレントの川村りかさん(32)です。子宮頚部腺がんで子宮摘出手術を受けたものの、リンパ節への転移が認められたそうで、今月末から化学放射線療法を受けると報じられました。

 子宮の入り口付近を子宮頚部といいます。膣に近い方を扁平上皮、子宮体部に近い方を腺上皮といって、それぞれががん化し、扁平上皮がんと腺がんに。扁平上皮がんが7~8割と多く、残りが腺がんです。

 一般に腺がんは、子宮の内側にあり、細胞をこすり取って調べる細胞診検査で発見しにくく、早期発見が難しい。川村さんのブログによると、病期は当初「1B1期」だったそうですが、検査の結果「2A期」だったといいます。

 注目は、治療法の選択です。今回のケースは、子宮摘出手術を受けてから、化学放射線療法を追加しますが、最初から化学放射線療法で子宮を温存できた可能性があります。国際的なガイドラインでは、2A期でも手術と放射線が併記されているのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事