Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

星由里子さんは無症状…肺がん胸水対策はまず「水を抜く」

星由里子さん(C)日刊ゲンダイ

「昭和の撫子」として親しまれた女優・星由里子さんが旅立ちました。今年4月から5月にかけて不整脈の症状で検査を受けたところ、そこで肺に水がたまった痕があり、肺がんが発覚。緊急入院されていた京都市内の病院で息を引き取ったといいます。享年74。

「若大将シリーズ」のヒロイン役として大人気でしたから残念です。死因は肺がんと心房細動と報じられていますが、水がたまっていたことから肺がんによる「がん性胸膜炎」と推察されます。3月から新作映画の撮影に参加されたように元気だったところの訃報は、高齢社会の今、決して珍しくありません。

 肺は、胸膜という袋で覆われています。風船の中に風船が入っている関係で、中の風船が肺のイメージです。中の風船と外側の風船との間が胸膜腔で、そこには健康な人でも肺の動きをスムーズにするため水が薄く広がって水分量は適正に保たれています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事