ニューヨークからお届けします。

米調査が話題 週2回以上魚を食べると妊娠しやすくなる

日本では週2回魚を食べることはザラ(C)日刊ゲンダイ

 魚を多く食べているカップルは子供ができやすくなる。しかもセックスの回数も多い――。こんな驚きの調査結果が話題になっています。

 発表したのは、米国内分泌学会が発行する専門誌「TheJournalofClinicalEndocrinologyandMetabolism」。調査の対象になったのは、テキサス州とミシガン州の500組のカップルです。子供を欲しいと思っているが、不妊治療は受けたことがない人に限定し、食生活の記録を1年間つけてもらった上で、男女別々にインタビューに答えてもらう形式で調査を行いました。

 すると、魚介類を週2回以上食べたカップルの92%が妊娠したことが分かりました。逆に、魚をほとんど食べなかったカップルで妊娠したのは79%。さらに魚介類を多く食べたカップルはセックスの回数も多く、妊娠するスピードも速かったのです。

 ただし、これは非常に限定的な調査結果で、今のところ魚介類と妊娠との因果関係について科学的に証明された事実はありません。あくまでひとつの推論として捉えるべきとの声が多いようです。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事