生活と健康 数字は語る

85歳以上で肥満の割合が減少 痩せの割合が大きく上昇する

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 BMI25以上が「肥満」とされるのに対し、18.5未満が「痩せ」と判定されます。2016年度の調査では、男性で4.4%、女性では11.6%が痩せとなっています。

 さらに低栄養傾向の者としてBMI20以下の者の割合も示されています。男性で12.8%、女性で22.0%となっています。肥満者の割合が男性で31.3%、女性では20.6%でしたから、女性では肥満者の割合と低栄養傾向の者の割合が、ほぼ同じであることが分かります。

 肥満者の割合で見たのと同様に、10年前と比較した年齢調整後の低栄養傾向の者の割合を見てみると、男性で15.7%から13.4%へとわずかに減少傾向、女性では逆に17.7%から22.4%と増加が見られます。

 また、この低栄養傾向の者の割合を65歳以上の年齢階級別に見てみると、85歳以上で割合の増加が著しく、男性で23.9%、女性では34.3%です。85歳以上の超高齢者では肥満者の割合は減少し、その半面、痩せの割合が大きく上昇しているのです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事