愉快な“病人”たち

発症して18年…三東ルシアさん膠原病と闘いながらWワーク

三東ルシアさん(C)日刊ゲンダイ

 芸能界をやめて、事務の仕事をしていた頃、確か冬の朝だったと思います。事務所のシャッターを開けたときにふと指先を見たら、真っ黒に汚れていたんです。両手の第1関節のところが全部。「おかしいな、なんかマジックでもつけたかな」と思って手を洗ったんですが、全然取れなくて……。

 病院に行ったら「これはレイノー症状という膠原病の症状のひとつです」と言われました。当時、駆け出しのシングルマザーで子供は1歳になったばかり。私は41歳でした。

 実は自分が「膠原病」であることは、その子が生まれる前からわかっていました。言い換えれば、指先が真っ黒になったその日が、膠原病の症状が初めて表れた日でした。

■「この子が大学を卒業するまでは…」

 膠原病だとわかったのは妊娠初期の検診です。妹がすでに膠原病を発症していて、「お姉ちゃんも調べたほうがいいよ」と言われたことがきっかけでした。この病気は遺伝性が高いのです。

1 / 5 ページ

関連記事