カラオケ療法

<3>好きな歌を歌うと脳血流が増え脳波もリラックス状態に

「南越谷健身会クリニック」のカラオケ教室風景と同クリニックの周東寛院長(C)日刊ゲンダイ

 カラオケが脳を活性化させる? という話は本当なのか。

 脳神経外科学に詳しい「ルイ・パストゥール医学研究センター文理融合型先端医科学研究室」(京都・左京区)の高垣雅緒室長がこう言う。

「泣いたり笑ったりする喜怒哀楽の行為は、神経細胞が網のようにつながり合って出来る三次元ネットワーク(コネクトーム)を介して記憶、視覚、悲しみ、幸福、さらに快楽という報酬系などの高次機能中枢や、呼吸、心臓を動かす自律神経系に至るまでを刺激し、それぞれの血流を増加させ、脳を活性化します。歌うという行為はこうした喜怒哀楽を起こさせるきっかけであり、それが脳を活性化すると考えられるのです」

■歌った後は脳波がα波状態に

 このメカニズムを生かし、認知症や老化対策として、予防や治療にカラオケを活用している病院が「南越谷健身会クリニック」(埼玉県越谷市=周東寛院長)だ。

1 / 3 ページ

関連記事