クスリと正しく付き合う

湿布薬は剥がしてからでも光に当たると副作用の可能性が

湿布薬によるかぶれには大きく分けて2種類(C)日刊ゲンダイ

 肌の露出が増えるこの時期になると、毎年注意喚起される副作用が「光線過敏症」です。いわゆる日焼けのような症状で、「モーラス」(ケトプロフェン)に代表される湿布薬によって起こることが知られています。薬局で湿布薬をもらう際に「日光には当たらないように注意してください」という説明を受けたことがある人もいるのではないでしょうか。

 湿布薬によるかぶれには大きく分けて2種類あり、ひとつは湿布薬を貼ることによる物理的な刺激によって引き起こされるもの。もうひとつが湿布薬を貼った後に光を浴びることで引き起こされるものです。

 光線過敏症は後者に当たり、光の中でも紫外線、とりわけUVAによって引き起こされます。ですから、光に当たらなければよいというよりは、UVAを防ぐ必要があります。日本では5~8月に紫外線が最も強くなりますので、この時期は注意が必要というわけです。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事