ニューヨークからお届けします。

米で増える自殺者 陰に処方薬・市販薬の副作用との関係が

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 アメリカを代表する2人のセレブ、デザイナーのケイト・スペードと、シェフのアンソニー・ボーデインが、立て続けに自らの手で命を絶ちました。この痛ましいニュースは日本でも報道されたのでご存じの方もいるでしょう。

 アメリカではここ20年間で自殺が増え続け、疾病対策センターの発表では1999年から2016年の間に25%も増加。16年の1年間だけでも4万5000人が亡くなっています。

 そしてくしくも同じ時期、「ジャーナル・オブ・アメリカン・メディカル・アソシエーション」に自殺と医薬品の関係についての調査結果が掲載され、注目を集めました。イリノイ大学とコロンビア大学が共同で、2万6000人を対象に05年から10年間にわたって調査したところ、37%の人が「副作用としてうつ病と自殺願望を持つ可能性がある薬」を飲んでいたことがわかりました。

 こうした副作用がある薬は現在、処方薬や市販薬を含め約200種類あり、血圧や心臓、制酸薬、避妊薬など広い範囲にわたっています。こうした薬を1種類だけ飲んでいてうつを経験した人は7%と低いのですが、同時に3種類以上を飲んでいた人の場合、その確率は15%に跳ね上がったといいます。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事