役に立つオモシロ医学論文

舌が「黄色い人」は糖尿病?有病割合は「白い人」の2.23倍

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 東洋医学では、「舌診(ぜっしん)」といって、舌の色や状態から、体の健康状態を判断することがあります。舌は通常、薄いピンク色をしていますが、風邪をひくなど体力が消耗していると白く濁ったり、体内に熱がこもっていると赤みがより濃くなることがあるそうです。舌の色調と糖尿病の関連を検討した研究論文が、日本疫学会誌(2018年6月号)に掲載されました。

 この研究では、愛媛県東温市に在住している30~79歳の非喫煙者(男性315人、女性654人)が対象となっています。舌の色調は、白(正常)、淡黄色、黄色の3つのカテゴリーに分類され、糖尿病の有病割合が比較されました。なお、舌の色調に変化を及ぼすコーヒーや紅茶の摂取状況は、調査前に確認されています。さらに、結果に影響を与え得る、年齢、性別、飲酒状況、身体活動量などで統計的に補正して解析を行っています。

 その結果、糖尿病の有病割合は、舌が白い人に比べて、黄色い人で2・23倍、統計的にも有意に多いことが示されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事