がんと向き合い生きていく

「心の中で一緒に生きている」若くして子供を亡くした親はそう心に決めて生きていく

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 同じ「死」でも、若い人と老人では悲しみや無念さが違います。若い患者さんの死は、これからたくさんの人生が残っていたはずです。なんとか生きたい。周りの人も医療者も、なんとしても生かしたい。

 白血病で亡くなった17歳の女子高校生・M子さんの最後の日記です。

 ――これが私の出す最後の手紙であるかもしれないのに本当に何を書いたらいいのか分からない。

 今生の別れの言葉は何がいいのか思いつきやしない。

 私はもう一度生きたい。病気を克服してもう一度生きたかった。

 ありがとう。

 私のために泣き、苦しみ、疲れ、身をささげんとしてくれた人たちへ。

 人間は誰かの役に立ちたい、救ってあげたい、又、誰かの何かのために死にたいと理想を持つ。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事