ニューヨークからお届けします。

ビタミンD摂取で大腸がんリスク22%減 大規模調査で判明

セントラルパークで日傘を手にたたずむ女性(C)ロイター

 血中に高度に濃縮されたビタミンDが、大腸がんのリスクを下げているかもしれない――このような調査が国立がん研究所ジャーナルに発表され、大きな話題になっています。

 アメリカでは、大腸がんで亡くなる人は肺がん、乳がんに次ぎ3番目に多く、毎年5万人もが亡くなっています。

 実はこれまでもビタミンDと大腸がんの関係は研究されていましたが、どれも規模が小さく、決定的な結論には至っていませんでした。

 今回発表された調査は、国立がん研究所、米国がん協会、ハーバード大学など世界中から20カ所の病院や研究所が参加して行われたもので、5700人の大腸がん患者と、そうでない7000人が対象となりました。

 結果、ビタミンDの摂取が基準値よりも少なかった人、特に女性は大腸がんにかかるリスクが30%上昇。血中のビタミンDが多かった人は逆に、そのリスクが22%減少したといいます。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事