役に立つオモシロ医学論文

大学生の38%が“問題的”…ネット依存度テスト衝撃の結果

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 インターネットを利用する人は年々増加していますが、健康にどのような影響を与えるかについては、あまり詳しく分かっていませんでした。

 そんな中、日本人大学生を対象に、インターネットの依存度と精神症状との関連性を検討した研究論文が「日本精神神経学会誌電子版」に2018年4月13日付で掲載されました。

 この研究では、日本の5つの大学に在籍する学生1258人が解析の対象となっています。被験者に対してインターネット依存度テストを実施し、さらに、睡眠の質、注意欠陥行動傾向、抑うつ症状、不安症状に関する聞き取り調査が行われました。

 調査の結果、被験者の38・2%が「問題的インターネット使用者」に該当していました。

「問題的ではないインターネット使用者」と比べて、問題的インターネット使用者ではインターネットの利用時間が長く、睡眠の質が低く、注意欠陥行動・抑うつ症状・不安症状の傾向が強いことが統計学的にも有意に示されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事