天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

今のままでは日本で心臓外科医の「空洞化」が起こる

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 こうしたさまざまな日本の現状を見る限り、今後も環境が高い方に整うことは期待できないでしょう。しかし、このまま空洞化が加速する前に、こうした状況を問題視して一つ一つ改善していく取り組みが必要です。

 次回も若手医師の海外流出と日本の問題点についてお話しします。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事