生活と健康 数字は語る

約2万人を解析してわかった 虚弱老人は肥満のほうが長生き

痩せているよりは…(C)日刊ゲンダイ

 健康な人では、肥満でも痩せでも心血管疾患と死亡のリスクが増していることが明らかにされています。

 それでは、介護施設に入所しているなにがしかの病気や障害のある虚弱老人ではどうでしょうか。

 この研究は、日本人の研究を含む20の研究を統合し、約2万人を解析していますが、BMIと死亡の関係は、18.5~25のグループのリスクを1とした場合、18.5未満で1.41倍死亡リスクの増加が認められていますが、25~30では0.85倍、30以上でも0.74倍と、むしろ死亡リスクが肥満で低下することが示されています。この傾向は日本人を含むアジアの研究に限った解析でも同様です。

 疾患別に見ると、感染症による死亡が18.5未満で1.65倍リスクが高くなっています。25~30では0.77倍、35以上では0.93倍とリスクは低い傾向です。さらに心疾患や脳卒中も同様で、痩せでリスクが増し、肥満ではむしろリスクが低下傾向にあります。虚弱老人において肥満は、心疾患や脳卒中に対して、もはやリスクではなくなっています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事