ニューヨークからお届けします。

“植物性食品”って何?ビーガンでもない米国人がハマるワケ

植物ベースのハンバーガーパテを作る加工工場(C)ロイター

 アメリカ人の食生活といえば、ステーキやハンバーガーなど「肉」を真っ先に連想するかもしれません。しかし、今年の食トレンドは「プラント・ベースト・フード」に決まりでしょう。

 これは、肉や魚などのタンパク源の代わりになる植物性食品のこと。肉や魚を食べないベジタリアン、卵、乳製品、蜂蜜も食べないビーガンがタンパク源として取っている豆腐、玄米、グラノーラはもちろんのこと、プラント・ベースト・フードには、新たな需要とテクノロジーの進歩によって生まれた植物性食品も含まれます。

 これまでもベジタリアンやビーガンのライフスタイルはありましたが、非常に少数派でした。ところがここ数年、人気が急上昇していて、ビーガン人口は全体の6%にまで増加しました。現在ではビーガンでない一般のアメリカ人の約4割が、食べ物を積極的にプラント・ベースト・フードに切り替えていることを示す数字が発表されています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事