生活と健康 数字は語る

最も死亡率の高い体形を目指してダイエットする日本人女性

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 女性は全体の20.6%がBMI25以上の肥満で、11.6%が同18.5未満の痩せとなっています。これをBMIと死亡の関連で見るとBMI25~27.5のグループが最も死亡率が低く、肥満の定義そのものに怪しいところがあります。

 それに対して痩せのほうはBMI15.1~17.5で死亡率の増加が見られ、妥当な基準といっていいでしょう。

 それにもかかわらず、女性の多くは自分のことを太りすぎと考え、痩せたいと思っている現状があります。さらに20歳代の女性では、20%が痩せと判定されていながら、逆に40%以上が自分のことを太っていると考えているという報告があります。平均年齢20歳という年代で標準と判定されるBMIの人の74%が、自分のことを太っていると回答したという研究結果もあります。

 肥満の問題は、日々の生活と離れ、どんな体形が好ましいかというイメージが健康より重視されているということでしょうか。テレビで見かけるアイドルやファッションモデルの大部分がBMI18.未満の痩せであることが、それを如実に表しているように思います。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。

関連記事