クスリと正しく付き合う

抗うつ薬は「性機能障害」も「持続性勃起」も引き起こす

写真はイメージ

 今回は男性が気になる性機能に関する副作用を紹介しましょう。「性機能障害(性欲低下)」と「持続性勃起」です。

 性機能障害は、「抗うつ薬」で起こる副作用です。中でも、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」(SSRI)や「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」(SNRI)で起きやすいとされています。

 中でも、SNRIのひとつ「サインバルタ」(デュロキセチン)という薬は、うつ症状だけでなく「痛み」(糖尿病性神経症、慢性腰痛、変形性関節症など)に対しても使われるようになり、使用患者数が増えています。そのためこれまで以上に性機能障害の副作用を経験する患者さんが増えることが予想されます。

■同じ抗うつ薬で相反する副作用も

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事