愉快な“病人”たち

ダ・カーポ榊原政敏さん ギター姿勢が招いた“職業病”体験

ダ・カーポの榊原政敏さん(後ろは妻・広子さん)(C)日刊ゲンダイ

 今まで妻にも言ってこなかったんですけど、入院中は何しろ痛くて息苦しくてね。病院の窓から飛び降りてしまおうかと思ったこともあったんです。2階でしたけど……(笑い)。

 2014年の夏、40日間入院しました。「胸椎腰椎圧迫骨折」からの心臓肥大で肺に水がたまってしまったんです。

 痛みは腰痛から始まり、だんだんギターを持つのがツラくなってきたんですね。次第に歩くのもツラくなってきて、次には寝返りがツラい、その次には朝起き上がるのがツラい状態に……。しまいには電動ベッドをレンタルして、やっと起き上がる生活になってしまいました。

 初めは近所の病院で「大したことはない」と言われて電気治療に通っていたのですが、悪化する一方だったので大学病院を受診しました。

 レントゲンを撮ったら「胸椎の一番下と、腰椎の一番上の骨が内側に潰れている」と言われました。

1 / 5 ページ

関連記事