患者が語る 糖尿病と一生付き合う法

低血糖で意識喪失 予想もしていなかった事態が起こった

平山瑞穂氏(C)日刊ゲンダイ

 僕はひとりで昼食の準備をしている最中、突如、床の上に昏倒して、推定5時間後に目覚めた経験がある。注射したインスリンが効きすぎて低血糖に至り、意識を喪失したのだった。

 低血糖は、糖尿病治療において注意すべきポイントのひとつだ。めまいや動悸などの兆候があるので対処できているつもりだったが、長年の間に体が慣れてしまい、危険を事前に察知できなくなっていたのだ。小説「シュガーな俺」を、2006年に執筆した時には予想もしていなかった。

 低血糖の恐怖については、後にあらためて取り上げる。ここでは、「糖尿病とは何か」に触れておきたい。

 食べたものをエネルギーに変えるのがインスリンで、そのインスリンを分泌するのが膵臓。糖尿病とは、その膵臓がまともに働かなくなってしまっている状態を指す。

 糖尿病には1型と2型の違いがあり、大半の患者は2型に分類されている。いわゆる生活習慣病としての、膵臓が弱っている状態だ。2型は食事療法や運動療法で症状の改善が見込める一方、1型の場合、自力ではインスリンをほとんど分泌できないので、外からの投与に恒常的に依存するようになる。インスリン注射だ。

1 / 2 ページ

平山瑞穂

1968年、東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年「ラス・マンチャス通信」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。糖尿病体験に基づく小説では「シュガーな俺」(06年)がある。

関連記事