生活と健康 数字は語る

「健康」も「見た目」も平均は嫌悪され極端が目指される

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 肥満と痩せの問題を、健康と重ねて考えると、そこには大きなねじれがあります。

 最も長生きとされるBMI25以上の人が何とか痩せようと考えていたり、若い女性が最も不健康な18.5未満を目指してダイエットに励んだり……。こうした状況は、健康を志向する行動とは真逆です。その理由は、見た目の問題など、健康以外の要素を考慮しなければ説明できません。

 そもそも私には痩せているほうが見た目に好ましいというのも、実はよく分かりません。痩せていないとファッションモデルになれない、というのもどんな起源があるのでしょうか。

 2017年5月にフランスで、モデルの健康に配慮して、極端に痩せているモデルたちの活動を禁止する法律が施行された、というニュースがありました。

 現場のモデルはこうしたニュースをどう受け止めているのでしょうか。あるいは痩せたいという若い女性たちはどうでしょう。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事