実録 父親がボケた

<13>施設に入れるということは、父の命を預けるということ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 入所までショートステイを継続するかと思いきや、母がある決断を告げた。

「入所までの間、しばらく家にいさせてあげたい」

 突如独居になり、猛烈に寂しくなったこともあるだろう。ショートステイ先で父が「家に帰りたい」とぼやき続けたのがこたえたようだ。時には「なんでこんなところにいなきゃいけないんだ!」と怒鳴ることもあったらしい。

 娘には決して見せない負の感情は、母にぶつけられた。母が罪悪感を募らせた結果、入所までの16日間、父は自宅で過ごすことになったのだ。

 その間、事務的な手続きも同時進行。まず入所前に、健康診断を受け、医師の診断書も必要だ。入所後は施設の提携医が診るので、過去の状態の経緯や常用薬の情報などを提供してもらわなければいけない。父のかかりつけ医が無愛想かつ仕事が遅い開業医で、腹立つこともあったが、そこはぐっと我慢。排尿の失敗が多いため、前立腺を検査する病院へも連れて行った。これらは全て母がひとりでこなした。

1 / 2 ページ

吉田潮

1972年生まれ、千葉県出身。ライター、イラストレーター、テレビ評論家。「産まないことは『逃げ』ですか?」など著書多数

関連記事