糖尿病の原因の14%が…大気汚染が引き起こす意外な病気

中国でのPM2.5汚染は深刻(C)AP

 糖尿病の14%が大気汚染が原因――。退役軍人170万人を8年半にわたり追跡した米国のワシントン州立大学の研究報告に驚いた人も多いはずだ。過食や運動不足のせいと言われ続けてきた糖尿病が汚れた空気で発症するなんて思いもよらなかった。人は1日にペットボトル2万本もの空気を吸っている。当然、有害な物質も含まれているはずで、それが糖尿病の原因になるのなら、他の病気の引き金になってもおかしくはない。大気汚染と相関関係にありそうな病気はなにか? 

 三重県四日市市の集団喘息障害など、公害に苦しんだ時代の大気汚染による病気といえば、喘息や気管支炎などのアレルギー性の呼吸器疾患が多かった。いまは慢性閉塞性肺疾患(COPD)や肺がんが注目されている。東京医科大学八王子医療センター呼吸器内科の寺本信嗣医師が言う。

「中国では住民が大気汚染で平均寿命が短くなったと報告されています。その陰でCOPDの患者数が急増しています」

1 / 5 ページ

関連記事