天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

女性の「発作性心房細動」は男性より早いタイミングで発症

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 もともと、心臓疾患は男性に比べて女性の方が重症化しやすく、治療成績も悪いというデータがあります。STSスコアなどの成人心臓血管外科手術におけるリスク解析スコアでも、女性は1・5倍ほどリスクがアップします。一般的に女性は男性に比べて血管が細く、心臓を含めた臓器の構造がもろい傾向があるからでしょう。

 中でも、高血糖の因子があって心臓疾患を抱えている女性はとりわけ注意が必要です。高血糖で動脈硬化が進む過程を経なくても、心臓の働きが徐々に落ちていって寿命を縮めるケースがあるからです。

 女性は、男性とは違う心臓疾患にかかりやすかったり、異なるタイミングで発症したり、重症化しやすいといった傾向があることをまずは意識しましょう。そして、高齢になったら生活習慣をあらためて見直すことが心臓を守ることにつながります。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事