Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

40代女性が肺がんで死亡 検診の見落としを防ぐには?

疑問点があれば質問を

 相次ぐがんの見落とし報道に不安を感じている人は、少なくないでしょう。

 今回発覚したのは東京・杉並区の河北健診クリニックで、40代の女性が胸部X線検査を受けたところ、肺がんを見落とされて、今年6月に死亡したといいます。

 一連の報道などによると、女性は2005~18年にクリニックの健診を計10回受けたそうで、そのうち14年と15年に企業健診として受けた分と、今年1月に区で実施した肺がん検診で、画像に腫瘤の影が映っていながら「異常なし」と診断されていました。

 この連載でも取り上げましたが、東京慈恵医大や千葉大などで相次いだがんの見落としは、CTなどの画像をチェックした放射線科医が、がんの可能性を指摘していながら、その報告書を受け取った主治医が報告書を十分確認せず、がんの診断情報が共有されないことによる見落としでした。今回の見落としは、これらの見落としとは、決定的に違います。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事