ニューヨークからお届けします。

猛暑と自殺率 米国では平均温度1度上がるごとに0.7%増加

(C)日刊ゲンダイ

 日本をはじめ、北米、ヨーロッパでも、異常な熱波やそれに伴う山火事などの災害が伝えられています。そんな中、「このまま地球温暖化が進むにつれて、自殺率も上がっていく」という調査が発表され、波紋が広がっています。

 アメリカとメキシコ各地の1960年代以降の気候変動と、自殺率のデータを分析した結果を発表したのは、気候変動に関する専門誌「ネイチャー・クライメート・チェンジ」です。

 分析によれば、1カ月の平均気温が1度上がるごとに、アメリカでは自殺率が0.7%、メキシコでは2.1%上昇したとのことです。一方でツイッターのつぶやき5億件からは、暑い季節ほど自殺をほのめかす抑うつ的な内容の言葉が多く見られたといいます。

 この結果を踏まえて、今後も温暖化の勢いが止まらなければ、2050年までに気温は2.5度上昇し、アメリカとメキシコだけでも2万1000人が自殺する恐れがあると結論付けています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事