牧田ドクター「最強の食事術」Q&A

脂っこいものは意識して食べてないのになぜ太るのか?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

【Q】脂っこい食べ物を控えて、食事には気をつけています。なのになぜ太るのでしょうか?


【A】あなたが太るのは脂っこい食べ物を取ったからではありません。血糖値が急激に上がる食事をしているからです。逆に血糖値を低く抑えることができれば、肉を食べようが天ぷらを食べようがあなたは確実にやせていくはずです。

 多くの人が勘違いしていますが、肉を食べたらそのまま贅肉になるわけではありません。食用油の多い物を食べると、そのまま体の脂肪になるわけでもないのです。

 食べたものは体内で消化・吸収される過程で、必ず新しい物質に分解・合成されていきます。

 例えば、ご飯やパン、イモ類はブドウ糖がたくさん連なった「多糖類」に変身し、砂糖はブドウ糖や果糖が2つ連なった「二糖類」、ブドウ糖や果糖は「単糖類」となります。そしていずれもが最後はブドウ糖に分解され、血液中に放出されるのです。

1 / 2 ページ

牧田善二

AGE牧田クリニック院長、医学博士、糖尿病専門医。1979年、北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで糖尿病の合併症の原因とされるAGEを研究。96年から北海道大学医学部講師、2000年から久留米大学医学部教授。03年から糖尿病をはじめとした生活習慣病および肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開院、延べ20万人以上の患者を診ている。著書に「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社)ほか、多数。

関連記事