炎症性腸疾患が急増中 早期に発見するための2つのポイント

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 以前の治療の目標は炎症症状を抑制することで、成果はあまり得られなかった。ところが00年以降、免疫抑制主体の治療に変わり、前述のように、難治性疾患ではなくなった。炎症が完全に抑えられ、無症状となることも多くなった。

「炎症性腸疾患は、細菌やウイルスなどに刺激されて免疫反応が働き、炎症が起こると考えられています。そして腸のバリアーが破れ、炎症がますます起こり、免疫担当細胞から炎症性の物質が産生され、悪循環に至る。これを止めるには、一つの炎症性物質を抑制すればいい。00年以降、TNFαという物質を抑制する治療法が画期的な効果を発揮し、注目されるようになりました」

 TNFαなどの炎症物質を抑制する薬(生物学的製剤)を含め、炎症性腸疾患の新薬は00~17年に6種類登場。今年は2つの薬が承認される見通しだ。

 これらの薬によって「炎症性腸疾患であっても、キャリアプランや教育プランに影響を及ぼさずに済む」ことが可能になったのだが、残念ながら完治するわけではない。

3 / 4 ページ

関連記事