牧田ドクター「最強の食事術」Q&A

食事制限だけで痩せると筋肉が落ちるって本当なの?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 何も食べずにいると筋肉が痩せていくのはウソではありませんが、それは山で遭難して何にも食べられないという異常な状況でしか起きません。そもそも体重が70キロの健康な男性ですら1カ月以上の脂肪エネルギーのストックがあります。ですから、肥満に悩む人が、食事で糖質制限したからといって、立ったり、座ったり、歩いたりするのに必要な筋肉が失われて日常の身体活動に影響するとは考えられません。

 では、「筋肉を増やすことは基礎代謝を高めるのでダイエットにつながる」というのは本当でしょうか? これは事実です。ならば、運動で痩せた方がいいのではないか、と思う人もいるでしょう。しかし、私から言わせれば、これも効率的だとは思えません。運動で痩せようとするよりも正しい食事をして痩せる方がはるかにラクだからです。しかも、運動(一時的努力)で痩せた人はその筋肉量を維持するため、一生努力を続けなければなりません。あなたは高齢になっても運動を続けられますか?

2 / 2 ページ

牧田善二

牧田善二

AGE牧田クリニック院長、医学博士、糖尿病専門医。1979年、北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで糖尿病の合併症の原因とされるAGEを研究。96年から北海道大学医学部講師、2000年から久留米大学医学部教授。03年から糖尿病をはじめとした生活習慣病および肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開院、延べ20万人以上の患者を診ている。著書に「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社)ほか、多数。

関連記事