がんと向き合い生きていく

「がん細胞があるかどうか」を確認する検査は最も重要

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 がんの「確定診断」は、生検や手術によって切除された組織の病理診断によって行われます。つまり、専門の病理医は提出された検体を、顕微鏡でがん組織を確認して、がんという診断をつけるのです。必要な時は標本の免疫染色、遺伝子学的検査を追加して診断の確実性を高めます。

 多くの場合、患者の症状からは「がんではない」と考えられたとしても、がんと病理診断が下されれば、それに従って治療が行われることになります。病理診断は最も重要な診断なのです。エックス線、CT、PETなどの検査も、あくまで「影を映している」わけですから、確定診断ではありません。患者の病状が緊迫して一刻を争うような状況で、組織が採取しづらい場所にあり、臨床的にがんであることが間違いないと考えられる場合であれば、病理の確定診断なしに治療を行うこともあります。しかし、ほとんどはがんという病理診断があって治療が行われるのです。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事