実録 父親がボケた

<19>施設嫌がる父への罪滅ぼしは「快」の感情を増やすこと

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 介護のプロ、ケアマネジャーの説得で、あっけなく在宅介護を諦めた母。その日の夜、叔母(母の妹)に電話をしている様子を見ていて、私は戦慄を覚えた。 

「今はまともなお父さんが3割で、今後もっと減るって、ケアマネさんが話してくれてね」

 ああ、母よ、それは私が言ったんだけどな。父の介護問題は、母の老化を確認できるバロメーターでもあると気が付いた。

 実はもう一つ極め付きの秘策がある。私も母も日記をつけている。この連載原稿を書くに当たり、「介護の苦労を書いた部分を読み返して、正確な日付を教えてほしい」と伝えた。

 母は自分の日記を読み返し、「(父に)鼻クソや目やにをわざとつけられて殺意を抱いた」「来る日も来る日も尿臭、絶望」などの記述を反すう。最終的には「在宅介護はもう無理ね」と母に言わせたのだ。もうね、そんな自分を褒めてあげたい。

1 / 2 ページ

関連記事