愉快な“病人”たち

戦隊ファンに励まされ 俳優・坂元亮介さん食道がん闘病2年

坂元亮介さん(C)日刊ゲンダイ

 1週間、抗がん剤の点滴で入院して、3週間休みだったかな。予定ではそれを3クールやって手術という段取りだったのですが、もう耐えられなくて、2クールを終えた後、お願いして手術をしてもらいました。腎臓や心臓への影響も出ていたので、医師もOKしたのだと思います。

■5年生存率は30%で再発の危険も

 手術は、食道の下半分と胃の上半分を切って、胃を引き上げてつなげるというものです。さらにリンパ節の腫瘍切除も続けて行われたので、手術は9時間半に及んだと聞きました。

 目が覚めると体中が管だらけ。開腹だけじゃなく、リンパ節の手術で背中も30~40センチ切ったので、まるで時代劇でバッサリ切られたような痕になっていますよ(笑い)。背中から肋骨を2本切って、手で肺をどかして1.5センチのがんを取ったそうです。

3 / 6 ページ

関連記事