患者が語る 糖尿病と一生付き合う法

ある深夜にイライラし絶叫…原因は低血糖による錯乱だった

平山瑞穂さん(C)日刊ゲンダイ

 低血糖の兆候としてよく挙げられるのは、めまい、動悸、異常な発汗、手足の震えなどだ。これはまあ、どういうものか容易に想像できるし、実際に体験すればすぐに、「ああ、これがそれか」と見当がつく。

 だからすぐに補食をする(食事以外に適宜に何かカロリー源を摂取すること)など対処もできるのだが、僕は最初から、そこにしばしば並んで挙げられている「異常な言動」という字面が気に掛かっていた。

 異常な言動? 何をもって、どこから、そう見なすのか。低血糖のせいでおかしな振る舞いをしたとしても、それが「異常」であることを、異常を起こしている当の本人が認識できるものなのか。

 ある深夜、低血糖を起こした僕は、すぐに補食をして、これで安心と思っていたのだが、しばらくするとなんだか異様にイライラして居ても立ってもいられなくなり、しまいには「うわーっ!」と叫びだしてしまった。

1 / 2 ページ

平山瑞穂

1968年、東京生まれ。立教大学社会学部卒業。2004年「ラス・マンチャス通信」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。糖尿病体験に基づく小説では「シュガーな俺」(06年)がある。

関連記事