生活と健康 数字は語る

高血圧のリスクと降圧剤でリスクが減るということは別

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 今日の話は高血圧がリスクだということと、降圧薬でリスクが減るということは別という話です。わかりにくい話ですが大事なことなので辛抱してお付き合いください。

 具体的な数字でいうと、血圧が130以上の人は、120未満の人に対して2倍くらい脳卒中のリスクが高いのですが、130以上の人に降圧薬による治療をして血圧を120未満にしても、脳卒中が半分になるかどうかはわからないということです。この事実は臨床試験によって繰り返し示されています。

 例えば糖尿病に関しては、血糖を薬で下げても、その分、合併症や死亡のリスクが減らないことが今や明確です。Hb(ヘモグロビン)A1c8%の人に対し、7%の人は合併症のリスクがおおよそ半分になりますが、8%の人をインスリンやスルホニル尿素という薬で7%まで下げても、合併症は半分どころか、せいぜい10%くらいしか減らないことが示されています。メトホルミンという薬でようやく30~40%予防できるという結果ですが、それでも半分には届きません。もともとHbA1cが7%の人と薬で7%になった人は同じではないのです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事