がんと向き合い生きていく

ネット社会で納得した治療を受けるためには信じて任せる

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 H医師が誠実に見えたこともあり、Wさんは「よろしくお願いいたします」と返事をしました。そして、抗がん剤と手術の説明書などをもらって帰宅しました。

 H医師から「膵尾部がん」とはっきり言われたWさんは、数日は食事が取れないほど気落ちしていました。それでも、入院したら奥さんに仕事を引き継がなければならないので、業者の手配や帳簿の付け方などを教えて日々を過ごしました。

 ただ、気が付くと手元のスマホで膵臓がんに関するサイトを何度も見ていました。ネット上には「抗がん剤は無意味だ」「手術をしても意味がない」など、たくさんの情報が出てきました。そうしたネット上の悪い情報を打ち消すためには、自分が信頼するA医師が紹介してくれたH医師を信じる。そう思うことが、自分の唯一の味方だと思いました。

 K病院の外来で抗がん剤「ゲムシタビン」の点滴が始まりました。治療前にH医師から「腎機能も良く、薬は成人の全量でいきます」と言われました。点滴後は特に症状もなく、「抗がん剤は思ったより大丈夫だった」とホッとしました。

2 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事