ニューヨークからお届けします。

研究結果が…米国で主流の低炭水化物ダイエットは早死にの原因

炭水化物を適度に取ることは大事(C)日刊ゲンダイ

 少し前のアトキンスダイエットから、今爆発的にヒット中のケトジェニックダイエットまで、「炭水化物を減らして痩せよう」というのがアメリカ人のダイエットの主流になってきています。

 ところが最近、「低炭水化物ダイエットは実は不健康、場合によっては早死にの原因になる」という研究結果が「ヨーロッパ心臓病学会」で発表されました。

 ポーリッシュ・マザーズ・メモリアル病院が、1999年から2010年までに採集した2万5000人のデータを分析したもの。

 調査期間に低炭水化物の食事を取った群は、高炭水化物の群に比べ死亡する確率は32%高くなる。中でも心臓病死は50%、がん死は36%高くなることが判明。同病院チームは45万人分の既存データも同様に分析しましたが、ここまで極端な数字ではないものの、やはり似たような傾向が見られたと報告しています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事