天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

弁膜症 ベトナムでも日本と同じ時間・内容の手術ができた

天野篤氏
天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 8月中旬に訪れたベトナムでは、冠動脈バイパス手術のほかに心臓弁膜症の手術を3例行いました。

 いまのベトナムの社会環境は30~40年前の日本を見ているかのような印象で、公衆衛生がまだ不十分なため、リウマチ性の心臓弁膜症が多いのです。日本では昭和40~50年ごろに多かった病気です。リウマチ性といっても「関節リウマチ」とは無関係で、溶血性連鎖球菌への感染によって起こる「リウマチ熱」の炎症が心臓の弁膜まで及ぶことで発症します。数年から数十年かけて弁が硬くなって機能しなくなり、狭窄や閉鎖不全で血液の循環がうまくいかなくなります。

 弁膜症の1例目の手術は、首都ハノイ市にある国防軍医科大学付属103病院で実施しました。軍関係者だけでなく一般の患者さんも扱う教育病院で、患者さんの数も多く活気がありました。ただ、手術室の造りが古く、日本でいえば40年くらい前の手術室といった雰囲気でした。施設のトイレも古びていて、病院全体に消毒液のにおいが漂っている……かつての日本の結核病棟のようなイメージです。

 とはいえ、手術は完璧に終わらせました。僧帽弁狭窄症の患者さんの人工弁置換術に加え、これも狭窄していた冠動脈のバイパス手術を実施。さらに心房細動もあったので、心房の筋肉を一度切り刻んでから修復させるメイズ手術も追加しました。日本で同様の手術を行ったケースとほぼ同じ時間、内容で終わらせることができたので、自分自身でも納得のいく結果を出せました。

■教育効果の高い手術を見せることができた

 その後、ホーチミン市にある175国防軍病院に移動しました。ここは今回ベトナムで訪れた3施設の中で一番きれいな病院で、院長の考え方も先進的でした。もともとはベトナムの軍医が立ち上げた病院で、現在は新たな施設を建設中です。

 それも、これまでの病院をただ拡大するわけではなく、メインとなる病棟を中心にして、目玉となる診療科をセンターにしたいくつものビルを設置する計画を進めているそうです。

 この方式は、アメリカのクリーブランドクリニックに似通っていて、こちらはアメリカの軍医総監が立ち上げた病院です。ちなみに、日本の軍医総監が設立した病院が順天堂医院です。

 その病院では、僧帽弁閉鎖不全症の弁形成術を行いました。しかもその患者さんは、ベトナムでは比較的少なく、日本やアメリカで多い僧帽弁の逸脱症で、僧帽弁を支えている腱索(弁と左心室の壁をつないでいる)が断裂している状態でした。特にこのケースに該当する僧帽弁前尖が壊れた患者さんは、弁膜症患者の10~15%くらいしかいないため、一般的には弁形成に高い技術と経験が要求されます。

 ただ、私自身は多くの症例を完治させてきた経験から困難だとは思っていません。手早く人工腱索を使って3本の腱索を再建し、劣化した弁の周囲にリングを装着して補強する処置を行いました。これで、血液の逆流は一切なくなります。

 おそらく、ベトナム人スタッフは初めて目にする手術だったのでしょう。すべて終わった瞬間は手術室の中はしーんと静まり返っていましたが、すぐにスタッフたちから歓声が上がりました。

 当初は、3例の手術を行って帰国する予定でした。しかし、2例目の手術が終わったタイミングで、関係者から「実はもうひとりお願いしたい患者がいる」と相談されました。聞けば、大動脈弁狭窄症から心不全を起こしている重症の患者さんだといいます。

 そこで、急きょ滞在を1日だけ延ばしてハノイの国防軍医科大学付属103病院に戻り、人工弁置換術と冠動脈バイパス術の同時手術を実施。これも納得のいく結果を出すことができました。

 結局、今回の“ベトナム遠征”では3施設で4例の手術を行いました。最初の冠動脈バイパス手術は薬剤不足などで少々てこずったものの、ほかの3例は日本で行う場合とほぼ同じ時間で、教育効果の高い手術ができました。

 整っているとは言い難い環境でも十分な結果を出せる。現地の医療関係者に対し、最先端かつ、経験を積んだ心臓外科医ができる手術とはこういうものなんだという実例を目の前で見せることができたと手ごたえを感じています。

 ベトナムは、医師にしろ看護師にしろ若いスタッフが多い上、患者さんもたくさんいます。彼らがこれから10年、20年と経験を積み上げれば、医療先進国の水準に追いつくスピードは飛躍的にアップするでしょう。

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「天職」(プレジデント社)、「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事