牧田ドクター「最強の食事術」Q&A

健康を損ねる可能性も 良い「パン」を選ぶには知識が必要

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

【Q】忙しいので朝食をパンにしようと思います。アドバイスをください。

【A】パンはよほど高い意識を持って選ばないと確実にあなたの健康を損ねてしまいます。理由を説明しましょう。

 ご存じの通り、有名メーカーのパンは非常に日持ちします。それが不自然なことは自分でパンを焼いた経験のある人ならわかるはずです。本来、できたてのパンはすぐにカビが生えるからです。

 不自然に日持ちするパンは防腐剤などが含まれています。味付けのために塩分や砂糖が想像以上に入っているケースもあり、添加物がたっぷり入っているものも少なくありません。

 また、一般的に売られているパンは、パン生地を発酵させる際に「イーストフード」が用いられます。イーストフードはイースト菌を効率よく働かせるために人間が作った物質で、がんとの関わりを懸念する声があります。

1 / 2 ページ

牧田善二

AGE牧田クリニック院長、医学博士、糖尿病専門医。1979年、北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで糖尿病の合併症の原因とされるAGEを研究。96年から北海道大学医学部講師、2000年から久留米大学医学部教授。03年から糖尿病をはじめとした生活習慣病および肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開院、延べ20万人以上の患者を診ている。著書に「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社)ほか、多数。

関連記事