役に立つオモシロ医学論文

筋力の衰えが気になったらトマトを食べるのが効果的?

トマトには抗酸化物質が含まれる(C)日刊ゲンダイ

 加齢とともに筋力は低下していきます。最近、そのことと糖尿病やメタボリックシンドローム、心臓病の発症との関連性が指摘されています。もちろん現時点で明確な因果関係があるかどうかはわかりません。しかし筋力が維持できれば、寝たきりを防ぎ、健康的な生活を送ることができると考えられているのはご存じの通りです。

 筋力がなぜ低下していくのか。そのメカニズムの解明はいまだ不十分ですが、野菜などに豊富に含まれる抗酸化物質が筋力低下に対して保護的に働くのではないかという仮説があります。

 そんな中、野菜摂取と筋力低下の関連を検討した観察研究の論文が「日本疫学会誌」2018年9月号に掲載されました。

 この研究は、22~68歳の日本人259人を対象に、3年間追跡調査したものです。食事内容に関するアンケートに基づき、野菜の摂取状況と握力低下の関連が検討されました。解析の結果、握力の変化は、トマトやトマト製品の摂取が週に1回未満の人で3.2の減少だったのに対して、週に4回以上の人では1.7の減少にとどまりました。つまり、トマト製品の摂取量が多いほど、握力低下の度合いが少ない傾向性が示されているのです。また、この関連は他の野菜類では観察されませんでした。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事