天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

心房細動の人は脳梗塞だけでなく心不全にも注意が必要

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 超高齢社会の日本では、心房細動の患者さんが増えているということはこれまで何度かお話ししてきました。現在、日本の心房細動患者は80万人といわれ、2030年には100万人を突破するとみられています。

 心房細動は、心臓が細かく不規則に収縮を繰り返し、規則正しい心房の収縮ができなくなる不整脈のひとつです。動悸や息切れといった症状が表れる場合もありますが、症状がまったく出ない人もいて、心房細動だけでは命に関わるような病気ではありません。

 しかし、そのまま放置して長期間続くと、深刻な重大病を招く危険があります。まずは、脳梗塞を引き起こすケースです。心臓の収縮が不規則になることで心臓内に血栓ができやすくなるため、それが脳に飛んで詰まってしまうのです。この心原性脳梗塞は、死亡したり重症化する割合が高く、とりわけ注意しなければならないことはこれまでもお話ししてきました。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事