牧田ドクター「最強の食事術」Q&A

グルメ番組の「口の中で溶けそう」は悪魔のささやき

写真はイメージ(C)PIXTA

【Q】食事に時間を費やすのはもったいないのでエナジードリンクを常用しています。問題ありますか?

【A】できるビジネスマンのように感じるかもしれませんが、私にはちっともカッコいいとは思えません。すっかり歯がなくなったお年寄りでもできることを、わざわざする理由がわかりません。

「噛まずにのみ込む」という食べ方に頼るのは体が衰退している証拠であり、危機感を抱くべき行為だと思います。

「自分の歯で噛んで食べる」は健康の基本です。

 その目的は単に食べ物を細かく砕くだけではありません。舌やのどの筋肉を動かすことで筋トレにもなりますし、噛む刺激によって脳からさまざまな指令が出されて、胃や膵臓など消化・吸収に関するすべての臓器が「食べ物が来る」準備を進めます。

1 / 2 ページ

牧田善二

AGE牧田クリニック院長、医学博士、糖尿病専門医。1979年、北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで糖尿病の合併症の原因とされるAGEを研究。96年から北海道大学医学部講師、2000年から久留米大学医学部教授。03年から糖尿病をはじめとした生活習慣病および肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開院、延べ20万人以上の患者を診ている。著書に「医者が教える食事術 最強の教科書」(ダイヤモンド社)ほか、多数。

関連記事