生活と健康 数字は語る

収益に偏りがちになる製薬会社の立ち位置を考慮すべし

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 血圧を問題にするのは、それが脳卒中や心筋梗塞のリスクになるからです。「130は血圧高めです」というのも、少しでも多くの脳卒中や心筋梗塞を予防したいという面があります。そこに限れば、「テレビのコマーシャルもいいこと言っているじゃないか」というわけです。

 ところがそれは治療効果や副作用、コストなどを含めて考えないといけない厄介な問題で、手放しにどんどん宣伝してくれというものではないことを説明してきました。

 さらにここにはもうひとつ避けがたい大きな問題が潜んでいます。製薬会社などの問題です。メーカーは、血圧が高い人に血圧を下げるための健康食品や血圧の薬を飲んでもらって、脳卒中を減らすだけでなく、企業としても収益を上げるということがあります。

 上の血圧は130でもリスクが高いのだから、薬とはいかないまでも、健康食品を買って飲んでくれたら、企業としてこんなありがたいことはない。脳卒中も予防できるし、収益も上がるし、そう考えるのは至極もっともなことです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事