がんと向き合い生きていく

分子標的薬の登場が慢性骨髄性白血病の治療を劇的に変えた

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 K君と私は同郷で、2人とも医学部に進学しました。黙っていてもお互い通じる仲で、彼はずる賢いところが全くない、実直で「誠」を貫く男でした。

 K君は「医師になって病人を救う」という目的をしっかり持っていました(私は医学部に進む目的を「人間って何だろう? 何かが分かるかもしれない」と考えていました)。卒業後は、大学紛争などもあって、それぞれ離れた病院に勤務しました。

 K君が慢性骨髄性白血病にかかったのは30歳の頃でした。当時の私たちは、患者がたとえ医師であっても、本人には、がんとか白血病とかは知らせない、「死を告げないことが最大の愛」だと信じていました。K君が白血病であることは医師の親しい仲間にはこっそりと伝わりましたが、彼自身は病名を知らないことになっていました。

 病気の彼が旅行だといって上京した時は、とても元気そうに見えました。彼から「脾臓が腫れている」と言われたのですが、私は、あえて話をそらしたことを覚えています。当時の私は、フランス留学から帰られた上司の指導の下で、白血病患者の治療をしていました。患者本人には白血病とは言わず、家族にだけ真の病名を告げていました。しかも、私は日本ではまだ2、3カ所でしか試されていない骨髄移植にも加わっていました。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事