役に立つオモシロ医学論文

手洗いが難しい保育園児の風邪予防はアルコール消毒が有効

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 風邪の原因となるウイルスやインフルエンザウイルスは、手指を介して感染します。風邪やインフルエンザの予防に手洗い(手指衛生)が有効だといわれるのはこのためです。とはいえ、小さなお子さんはひとりで手洗いすることが難しく、十分な手指衛生ができないことも多いでしょう。

 小児の手指衛生と呼吸器感染症の発症リスクを検討した論文が、米国小児科学会誌電子版に18年10月8日付で掲載されました。

 この研究では保育園に通う0~3歳の911人が対象になり、手指衛生に関する指導とせっけん手洗いを行う群274人、手指衛生に関する指導と手指のアルコール消毒を行う群339人、指導なしで通常の手洗いのみを行う群298人の3グループにランダムに振り分けられています。8カ月の追跡を行い、呼吸器感染症の発症頻度が比較されました。

 解析の結果、呼吸器感染症の発症リスクは通常の手洗いのみの群と比べて、手指のアルコール消毒を行った群で23%、統計学的にも有意に低下しました。他方、せっけん手洗いを行った群では、手指のアルコール消毒を行った群に比べて21%、統計学的にも有意に高いことが示されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事