天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

検査による予後予測から「予防的手術」を実施するケースも

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 遺伝子、血液、画像といった検査が進化したことで、「将来的にどんな病気になりやすいかどうか」がわかるようになってきました。がんや認知症などがよく知られていますが、心臓疾患についても、検査で将来の発症リスクがある程度わかります。

 たとえば、大動脈二尖弁の人の大動脈解離もそのひとつです。通常、心臓内の大動脈弁は3枚ありますが、先天的に2枚しかない人がいます。その場合、片方の弁にかかる負担が大きくなって弁膜症を発症しやすくなったり、大動脈の壁も異常を来しやすくなることで大動脈解離の発生率が通常の人の5~10倍になるといわれています。

 大動脈解離は大動脈が突然裂けてしまう病気で、突然死するケースも少なくありません。なんの前触れもなく初めて発症した時点で致命的な状態を招きかねないため、いまも懸命に研究が進められ、大動脈の形を調べることで発症リスクを予測できるようになってきました。CTによる画像診断で、大動脈が前後方向に大きくなっている場合は解離や破裂を起こしやすいことがわかってきたのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事