中高年の意外な死因

年間合計25人が死亡 「脱腸」「盲腸」を侮ると死ぬことも

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 私の友人が昨年、鼠径ヘルニアの手術を受けました。いわゆる“脱腸”です。腸の一部が本来の位置からずれて、鼠径部つまり足の付け根のあたりの皮膚を内側から押すため、その部分がデベソのように膨らんでしまうのです。しかも力んだりすると、より大きく膨らんだり、痛みを伴ったりします。とはいえ、一般的には子供の病気とされているため、60歳近いオジサンが脱腸になるなんて、「がん」と言われるよりも驚きの“大事件”だったそうです。

 本人いわく、その前日、孫と遊園地に行き、年甲斐もなくジェットコースターに乗ったそうです。そのとき受けたG(加速度)が原因に違いないと、主治医ともども納得したそうです。

 本当にGの影響かどうかはさておき、「たかが脱腸」と侮ってはいけません。治療は手術しかない上に、放っておくと腸が血行障害を起こして緊急手術ということも珍しくありません。しかも、ときには命を落とすことさえあるのです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事