中高年の意外な死因

室内も危ない…自宅での凍死者は74人で低体温症は116人も

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 真冬の夜の、屋外での死を想像してしまいますが、実際には約半数の74人が自宅で凍え死んでいます。暖房がついていない室内で、布団や毛布もかけないまま眠ってしまったのです。酒に酔っていたのかもしれません。当然ながら、家族がいる人よりも、一人暮らしのほうがリスクが高いと言われています。個人差もあります。とくに痩せている人や、筋肉質で皮下脂肪が少ない人は、メタボ体形と比べて寒さに弱いので要注意です。

 よく似た死因に「低体温症」という項目があります。これで亡くなった中高年男性は116人でした。「自然の過度の低温」のほうは、とくにこれといった病気のない人が、寒さが原因で死んだ場合に使われます。それに対して糖尿病や心臓病などの慢性疾患や、風邪などの感染症にかかっている人が寒さで死んだときは、こちらが使われるのです。

 それらの病気で亡くなったわけではありませんが、病気のせいで基礎代謝量が落ちて体温調整がうまくいかなくなるため、ちょっとした寒さでも凍死することがあるのです。

2 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事