中高年の意外な死因

年間2213人が肺炎で死亡 風邪やインフルエンザが入り口に

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 インフルエンザの季節の到来です。私は毎年ワクチンを打ってもらっていますが、皆さんはどうされていますか。

「寝ていれば治る」は、若いうちだけ。年をとってくると、だんだんと重症化しやすくなってきます。もちろん死ぬことだってあります。

 2016年にインフルエンザで亡くなった人は、老若男女合わせて約1500人に達しました。多くは高齢者ですが、我々の世代も安心してはいけません。このうちの95人は中高年男性(40~65歳)だったのです。

 インフルエンザとよく混同されるのが「急性上気道炎」、いわゆる「風邪」です。インフルエンザと比べれば危険性はずっと低いのですが、それでも中高年男性17人が死にました。

 中でも、とくに気をつけなければいけないのが「急性喉頭蓋炎」と呼ばれるもの。急速に喉の腫れが進んで息ができなくなり、窒息死するのです。17人中9人は、これで死んでいます。

1 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事