役に立つオモシロ医学論文

米国で論文 がんの民間療法を選択すると死亡リスクが高い

安易な選択はリスクを伴う(C)PIXTA

「補完代替医療」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。一般的には、科学的根拠のある標準的な治療の代わりに用いられる民間療法を指し、特にがん治療で注目されることが多いと思います。

 がんの治療というと、「効果があまり期待できないうえに副作用が強い」というイメージを持たれる方も少なくないでしょう。副作用で苦しむことなくがんを治療したいと強く願う人にとっては、ハーブ療法であるとか、免疫療法、あるいはビタミン療法などは魅力的に思えるかもしれません。しかし、その有効性が科学的に証明されている補完代替医療は存在しません。

 そんな中、がん患者における補完代替医療の選択状況と、標準がん治療への影響や生存について検討した論文が、2018年10月14日付で米国医師会のがん専門誌に掲載されました。

 この研究では、補完代替医療を受けた258人のがん患者と、標準がん治療を受けた1032人が比較されています。年齢や、病気の期間、がんの種類などを考慮して解析した結果、代替医療を受けた人では、外科手術、抗がん剤療法、放射線治療、ホルモン療法を拒否する人が統計的に意味のある水準で多いことが示されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事